文殊山・橋立山

今日22日 橋立山まで足を延ばしてきました。

お目当てのヒロハノアマナの開花はあと1週間ぐらいでしょうか。つぼみを大きく膨らませていました。こちらのカタクリは展望台より早めに咲きますが、大きくつぼみを膨らませている場所とまだ芽も出そろっていないところとまだらでした。

 

 

ヒロハノアマナ
ヒロハノアマナ

 

 お天気次第ですが

 間もなく開花しそう

 

  明日から3日ほど

  悪天候の予報

  やっぱり

  1週間ぐらいは

  かかりそう

長女です
長女です

 

 お日様さえ指せば

 今にも開花しそう

 

 この近くには大きくつぼみを

 膨らませたのがたくさん

 

 しかし、つぼみだけむしり

 取られた(食べられた)のが

 たくさん。なんだろう?

(タチツボ)スミレ
(タチツボ)スミレ

 

 

  嬉しいなぁぁ

  スミレがまばゆかったです

ダンコウバイ
ダンコウバイ

 

 

  前回も載せたダンコウバイ

  今日は全開していた

 

  落葉樹林の中で枝いっぱいに

  たくさん沢山の花をつけた

  ダンコウバイ

  そこだけがうっすらと黄色く

  幻想的な風景です

 

  さてさて、これは一体なんでしょう?

  (近くの細い木がもう一本)

 

  一見は、シカの食害です

  しかし、文殊山でシカの生息の話は

  聞いていません

 

  シカだとしたら、これは一大事です

 

  ニホンカモシカ、イノシシはこんな

  ことしないと思う

  あと考えられるのは、

         二本足のあの動物?

  

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    つれづれ山歩き (火曜日, 22 3月 2011 22:16)

    活発に山歩いていますね・・風邪はもう大丈夫なのですか?それにしても野山の山野草も時期が来れば花芽を膨らませる自然の力は凄いですね・・どの様な感性を持ち合わせているのだろうか?不思議です。

  • #2

    ヤーイノヤイ (火曜日, 22 3月 2011 22:35)

    そうなんです。自然は不思議な力、人知を超えた能力を持っています。
    今日も山を歩いていて「植物も体内時計を持っているのかな」と思ったりして。芽が出てから日射しを受けた累積時間で開花する・・・とかの植物があるようなことは聞いたことがある。