金毘羅山

 今日5月7日は金毘羅山でした。山歩きの初めごろから8~9年ぶりです。

 山頂のようすが変わっていました。金毘羅宮(社)が新調され、横の山頂の一部を

 切り開いて反射板が設置されていました。

 お陰というのでしょうか?、前回と大違いでパノラマのような展望が楽しめた。

  *反射板は福井市の「デジタル防災行政無線」の整備で新設されたもので、

   4月1日から運用開始と市の広報に出ています。

 

冠山
冠山
日野山
日野山

 最近、金毘羅山に行ってみようと考えてはいたが、意を決したのは「足羽山6188」

 さんの刺激です。彼のブログにいろんな花のきれいな写真が載っていたのです。

 それから登山口近くの愛染寺の襖絵・天井絵をもう一度見れないかとの期待です。

 (残念ながら実現しなかった)

 さて、何時ものように遅いスタート。登山口に40分とある。前の経験からして

 そんなはずないと時間は無視。草花の写真を撮りながら自分のペースで登ったら

 1時間20分もかかってしまい、山頂には12時45分でした。

 

 <花の話>

 車を止めたところからイチリンソウがたくさん。この花は春の花では遅くなって

 から登場するが、純白で大輪は春の締めくくりに相応しく好みの一つです。

 頂上近くでは、キクザキイチゲやミヤマカタバミもまだまだ元気。

 そして下山時には、福井でほとんど見たことのないヒトリシズカにも出会った。

 

イチリンソウ
イチリンソウ
ヒトリシズカ
ヒトリシズカ

    

    今日出会った花をスライドショウでお楽しみください。

 

                           ブログトップ

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    つれづれ山歩き (日曜日, 08 5月 2011 09:02)

    金毘羅山はずーっと以前に登ったきりです。花がそんなにあるという記憶は無く何となく薄暗い山のイメージしかありませんでした。色々な花があるのですね・・一度訪れてみます。

  • #2

    ヤーイノヤイ (日曜日, 08 5月 2011 09:30)

    そうですね。ほとんどスギ林の中を登りますから、薄暗い感じは否めません。ですから登山道わきの林縁にしか草花は見かけません。
    登る時期によってその山のようすが違いますね。昨日は、金毘羅山のきっといい時期だったんでしょう。