名残り惜しい5月の文殊山

5月22,30日 早くも5月ももう終わり。この1ヶ月で山のようすもずいぶん変化してきました。

樹木の若葉の匂うような雰囲気から、今では力強い成長というか旺盛な生活ぶりを感じます。

 

 

 

    

     新芽・・・魅力がありますね

 

     なにが魅力なんだろうか

     なんで惹きつけられるんだろうか

        ・

        ・

        ・

     ともあれうつくしいなぁぁぁ

     

 

この時期山道を歩いていると、目に留る前からササユリが咲いているのを雰囲気で感じます。彼女の特技ですね。今が最盛期です。

ガマズミ、エゴノキ、キリなどは最盛期を終え花びらを落としている半面、サワフタギは今が一番、ヤマツツジも頑張っている。続けとばかりコアジサイがそろそろ咲きだした。

 

(キリの花は下に落ちているのを撮った)

 

草花でもシャガがまだまだ元気です。タツナミソウは咲きはじめ、カタクリの実のはじける直前、ハンショウヅルも見ごろ、そして早くもサイハイランが咲いていた。

 

アザミの蜜を吸うアゲハ蝶
アザミの蜜を吸うアゲハ蝶

 

<話題>

文殊山にサンコウチョウが居着いているそうです。繁殖のために日本に渡って来るきれいな鳥だそうで、それが二上の登山口近くの杉の森です。

"このところ声をよく聞く"、"飛ぶ姿を見た"という人たちの話題でした。

 

                     ブログトップ

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    楽閑爺 (土曜日, 02 6月 2012 13:54)

    何時見せていただいても綺麗な花が増えていて楽しませていただいてます。
    四方谷の尾根のサイハイランは蕾がほとんど全て下を向いてそろそろ
    咲きそうですが、咲きそうになってなかなか咲かず気をもませます。
    リメールありがとうございました。

  • #2

    あさり (土曜日, 02 6月 2012 17:11)

    今日もお会い出来て嬉しいです。
    帰りはルートを変えたら たくさんのササユリが見られました。
    サイハイランも・・・これでスッキリ、宿題を残さずにすみます(^o^)/

  • #3

    ヤーイノヤイ (土曜日, 02 6月 2012 19:51)

    楽閑爺さん、じらされますね。
    いやいや年寄りの気持ちを察して楽しませてくれているんですよ。自然は優しいのです。お互い年寄りは気短でいけませんね。

  • #4

    monjyu (土曜日, 02 6月 2012 20:05)

    ええ~え・・・です。まだササユリが咲いていましたか? 秘密のルートにしておいてください。自然というのは賢いんです。人を見て与えてくれるもの・表情を変えてくれますね。あさりさん、今日はよっぽど行いが良かった・気に入られたんですよ。サイハイランも捨てたもんじゃないでしょう。可愛がってください・・・