志賀高原トレッキング

8月6日 志賀高原の池めぐりコース:10kmのトレッキングでした。

 

このコースの目玉は、世界有数の高い酸性度で魚も住めないエメラルドグリーンの湖面が神秘的という大沼池の眺めでしょうか。

 

この池を眺めながら早めのお昼でした
この池を眺めながら早めのお昼でした

 

スタートは硯川の前山リフト。リフトを下りたところが標高2000m+でこのコースの最高点。四十八池まではゆるやかな登り。そこから大沼池までが急な階段の下り。このあともゆるやかな下りで大沼池入口まで・・・ここからバスでスタート地点に戻った。

 

期待を胸に秘めて前山リフトに乗った
期待を胸に秘めて前山リフトに乗った
リフトを下りて間もなく渋池でした
リフトを下りて間もなく渋池でした
針葉樹林の中をゆるやかに登っていきます
針葉樹林の中をゆるやかに登っていきます
木の間から四十八池が望まれた
木の間から四十八池が望まれた
四十八池とはこのように大小の池塘がたくさん集まっている
四十八池とはこのように大小の池塘がたくさん集まっている
四十八池をあとにしていよいよ期待の大沼池に向かう
四十八池をあとにしていよいよ期待の大沼池に向かう

 

     大沼池への急な階段のようすは写真を撮るのを失念

     途中で撮った大沼池のエメラルドグリーンの神秘的な湖面と湖岸のようすは

     トップの写真を再度見てもらえれば幸いです

 

     ここで今日出会った花たちの写真をスライドショウで紹介します

 

 

                         

 

つづいて大沼池をあとにして下山です

 

大沼池に別れを惜しんで・・・この湖面は忘れられないでしょうね
大沼池に別れを惜しんで・・・この湖面は忘れられないでしょうね
林道のようなところもあれば、このように自然に包まれたところも
林道のようなところもあれば、このように自然に包まれたところも

 

今日は団体のトレッカーが3分の2ぐらいだったでしょうか。案外沢山のトレッカーでしたね。

大沼池は期待どおり。会津の五色沼を思い出しました。

それからもう一つの期待はお花でした。しかし予想が当たってしまいめぼしい花は終わっていましたね。やっぱり6月~7月なら初めまでが見ごろでしょう。

 

 

 

                      ブログトップ

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    sasayann (木曜日, 16 8月 2012 21:21)

    こんばんは・・
    お盆のあわただしいひと時もようやく過ぎ
    今宵はのんびりとパソコンです・・
    ヤーイノヤイさんのブログをさかのぼってオジャマしました・・
    色んな所に出かけていますね・・元気な証拠ですからいいですよね!!
    神秘的な湖面を眺めていると時間の経つのも忘れますよね!!
    私もこのような風景は好きですから海外までも出かけていました・・
    又・・季節毎のお花との出会いも心が和みますね!
    夏エビネの開花様子も見させて頂きました・・
    実は私も前々から気にしていた所に今日確認に行きました・
    10日程遅かった茎もありましたがまだ蕾の状態もありましたので後日再度
    確認に行きたいと思いますが18~20までは白山の為・・またタイミングを
    逃がすかもしれません???色んな記事ありがとうございました・・

  • #2

    ヤーイノヤイ (金曜日, 17 8月 2012 10:02)

    sasayannさん、久しぶりです。
    いろんなところに出かけると言うほどのこともありません。あっちの方に用事があったので今回はついでのトレッキングでした。文殊山や近くの里山で自生のナツエビネとミヤマウズラが見れて今年一番の収穫でしょうか。